映像制作のアルバイトの仕事は厳しいがメリットもあり

###Site Name###

映像制作のアルバイトの仕事は、個人的に依頼を受ける結婚式用の写真・動画や、YouTubeなどの動画投稿サイトに載せるための動画やテレビCMや番組などの作成まで様々なものがあります。

給料も時給1000円以上と高く、特に結婚式用の写真・動画撮影は、ご祝儀相場で1日で2万円以上になることがあります。


でも、最大のメリットは、業界の実態をよく知ることができるという点にあります。



例えば、ソフトやアプリケーションの操作方法などの知識を、最前線の現場から習得することができますし、将来、ウェブ業界や広告代理店などで働きたい方にお勧めのWebクリエイター能力認定試験の勉強にも役立ちます。また、映像制作の専門性の高さから、アルバイトであってもその経験が職歴としてみなされる事が多いというメリットもあります。いきなり未経験からの就職は大変難しい業界なので、専門学校などで学んだことよりも、実戦経験を持っているという経歴が、就職の際には大きな利点となります。


しかし、たとえアルバイトであったとしても給料をもらっている以上は、受け取る側から発信する側に回った事に変わりはありません。

映像制作の仕事には必ず、締め切りとしての納期がありますから、限られた時間の中で、作品としてこだわり抜いた物を作り上げる監督やカメラマン、脚本家などのプロフェッショナルな人達の仕事の補助を担うわけですから、非常に厳しく時間にルーズな人には絶対に勤まりません。



昨今では、映像制作のアルバイトの求人サイトが沢山立ち上がっています。未経験者の応募も可能な求人も多くありますから、映像制作に興味のある人は思い切って「飛び込んで」みることをお勧めします。

日本経済新聞情報は信頼性が高く、好評です。