憧れには覚悟も必要、映像制作の求人応募

###Site Name###

自分のメッセージが多くの人に伝わることに魅力を感じる人は少なくないはずです。
人は生きていると、自分なりの信念や生き様をなんらかの形にして発信したいという欲望が表れます。
映像制作の仕事はかつて、ブラウン管の中でのみの仕事で、そのほとんどが垂れ流しでしたが、今は動画サイトなどの普及によって、一度作った映像は半永久的に残っていきます。

情報発信に夢を抱く人は、映像制作の求人を見つけると、それが希望への架け橋のように感じられるでしょう。

しかし、どんな仕事もただ好きだという気持ちだけでうまく行くわけではありません。


ほとんどの人が自分で何かしらの映像作品を作りたいという気持ちで業界の求人に応募をしますが、本当に自分が撮りたい映像を撮るためには長い間、厳しい下積みをしなければなりません。

アシスタントやADの時代は映像制作に全く関係のない雑用をやらされたり、現場に入れてもらうことすらできなかったりします。

労働時間は不定期かつ長時間で、それでいて給料もそんなに高いわけではありません。



映像という文化を作る現場ですが、中は体育会系の縦社会の場合が多く、厳しい先輩方にこき使われることも覚悟しておいたほうが良いでしょう。

しかし、そうした試練を乗り越えたとき、自分のメッセージが国中に、また海外へと届くロマンがあります。



憧れには覚悟が必ず付き物です。
求人に応募する前に、どんなことがあっても耐えられるという自信を身につけたなら、思い切って応募してみましょう。