映像編集の求人に応募資格について

###Site Name###

求人情報を見ていると、よく見かける「映像編集」という職種がありますが、どのような仕事内容なのでしょうか。
ここでは、考えられる仕事内容とこな求人に必要な経験や知識について考えていきたいと思います。

映像を必要とする仕事として考えられるのは、テレビやCM、音楽PVなどのメディアと呼ばれる分野から、結婚式や学校行事などの一般的に使用する映像など多岐にわたります。


求人件数として、多いのは結婚式などの映像作成でしょうか。
プロが撮影した映像をエンディングまでに編集して、来賓者が帰るときに流す映像などは、見た事がある方も多いと思います。



エンディングムービーのような映像編集には、とにかく時間が限られている為、スピード重視で作業を行う必要があります。

この為、映像編集に慣れている必要があります。



入社して、直ぐにそのポジションに就くことは、難しいでしょう。

東京新聞の情報が必要な方必見です。

しかし、日頃から映像編集を独学で学習していれば、飲み込みも早く即編集を任されるでしょう。


昨今、パソコンを購入すれば、何かしらの映像編集ソフトが入っていますので、今までに編集をしたことない方は、既存のソフトを使用して、編集の操作感だけでも分かっていると、スムーズに操作できると思います。
市販のソフトとプリインストールされているソフトで違う点は、エフェクトと呼ばれる効果の種類位で、基本的な動作に関しては、ほぼ違いはありません。

この為、高いソフトを購入するのは、プリインストールされているソフトに慣れてからにしましょう。